日本橋神経クリニック

日本橋神経クリニック

MENU

Doctor

医師紹介

基本理念

安心・安全・信頼のてんかんの専門医療を提供します
てんかんのある人の悩みに寄り添い、細やかで小回りのきく医療を行います

Greeting 院長紹介

この度縁あって、日本橋にてんかん専門のクリニックを開業することになりました。
私は、学生時代からボランティアとして日本てんかん協会の様々な活動のお手伝いをしてきました。そこでてんかんのある人やそのご家族から多くのことを学び、その方々の喜怒哀楽も身近に感じてきました。大学を卒業後、1989年より30年間、静岡てんかん・神経医療センターにて、てんかん診療一筋に打ち込んできました。

てんかんは全国に100万人の患者さんがいるとても身近な病気で、適切な診断と治療が提供されたら、7~8割の人は発作のない生活を送ることができます。慢性疾患であるてんかんは将来を見越した、あるいはライフステージに合わせた治療が求められます。近年、多くの抗てんかん薬が発売され、それぞれ特徴があり、一人一人の患者さんに合わせた薬物の選択が可能になってきました。

心理社会的治療は、薬物療法や外科療法などと並んでてんかんの治療の両輪の一方です。
てんかんの心理社会的治療の一つに、MOSES(モーゼス)というプログラムがあります。MOSESは自立した生活を身に着けるための手段であり、小児期医療から成人期医療への移行のための手段としても利用できます。

私はこれらのことを、てんかん診療の最前線で実践しようと思います。まだまだ始まったばかりの分野です。一緒に育てていただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

院長 久保田 英幹
院長久保田 英幹

略歴

  • 1982年
    東京大学医学部医学科卒業
  • 1982年
    東京女子医科大学病院 小児科・研修医
  • 1983年
    東京都立八王子小児病院 小児科、麻酔科 勤務
  • 1986年
    東京都立神経病院 神経内科勤務
  • 1988年
    国立療養所静岡東病院(現、国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター)
  • 2001年
    国立療養所静岡神経医療センターリハビリテーション科医長
  • 2006年
    国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター 診療部長
  • 2013年
    国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター 統括診療部長

資格・所属

  • 日本小児科学会 認定医
  • 日本小児神経学会 専門医
  • 日本てんかん学会 専門医、指導医、理事
  • 日本てんかん学会VNS資格認定
  • 日本てんかん協会 副会長